MENU

新規開業の極意 「開店前にする2つのこと」

夢を実現へ。

パン店を開店するには、いろんな準備が必要です。

今まで32年間、パン店の開業をお手伝いした中から、これからパン店をはじめるあなたに、準備・スタートの極意、開店前に最初にしておくべき2つのこと、そして、重要な物件探しについての6つのポイントをプレゼントします♪

あなたの新しいスタートが、素晴らしい未来へと続いていきますように!

開店前に最初にする2つのこと

1、自分はなぜパン屋さんをやると決めたのか、動機は何かを明確にする

2、独自性あるコンセプトをつくる

パン店をやると決めた動機

開店の動機があなたの『志』、継続の力、原動力になる

まずは、どうして飲食店をはじめようと決意したのか。
しっかりと振り返って、自問自答してみて下さい。

               ↓

やると決めた動機がはっきりしたら、次にこの2つを考えてみて下さい。

31年間の飲食店のコンサルタント業で、お会いした経営者の方々から学んだことは、これが、明確な経営者ほど、そのビジネスは、大きく、広く、深いものになるということです。

独自性のあるコンセプト

独自性と成長ある飲食店は、

「自分がつくりたい商品、売りたい商品」でなく、「お客様が欲しい商品」の提供ができること

「自分視点=店視点」から「お客様視点」
これがパン店成功の鍵です!

開店1年前には確実な計画案を立てよう

物件探しには時間をかけよう

■ 物件探しには時間がかかる

自宅兼店舗

パン店開業で多いのは、自宅兼店舗というケースでしょう。早朝から仕事を始められるため、自宅は有利と考えられるようです。また、家族からの援助も受けやすいでしょう。このようなケースは、短期間で開業できます。

物件を探す3つの方法 

①自力で探す方法

②不動産屋に探してもらう方法

③取引銀行から紹介してもらう方法

物件を探す上で大切なこと

お店は1度開業したら、なかなか移転というわけにはいきません。2〜3物件を平行して検討。そして、事前に決めてある条件にそって判断しましょう。ピンとくる物件が出てくるまでは、妥協せず探し続けることです。

お店をはじめようと決意したけど、どう準備を進めていいのかわからない…

はじめてのことは、誰でもそうです。

何からはじめたらいいのか、どんなことをしていかなければならないのか。
たくさんの新規開業をお手伝いしてきたからこそ、わかることがあります。

今までの蓄積したノウハウを全部、余すところなく書いている新刊

「はじめよう!パン店」を、ぜひ読んでください。

繁盛の極意 記事一覧