店舗で五感活用する時のポイント

■ 五感の重要度 ■

五感の人に与える影響度はそれぞれに違い、この影響度を認識した上で、店舗経営に役立てる必要があります。

 

この上の表は、五感の重要度をグラフ化したものです。

人は「視覚」によって、たくさんの情報を収集する。

私がもっともパン屋さんの店舗づくりに重点を置いているところ。

「五感」を意識していなくても、お店を経営するあなたもきっと大切にしているところでしょう。

ただ「五感刺激」ということを考えた時、その方法や手法は大きく広がります。

そして、「視覚」だけでなく、その他の「嗅覚」「聴覚」「味覚」「触覚」を、組み合わせて考えることで、お客様へのアピール度は、飛躍的にアップするんです。

 

 

■ 知覚される価値 ■

 

五感をお客様に感じてもらう、いろんな方法があります。

下の表には、ざっくりと五感刺激を使えるそれぞれのツールが書いてあります。

その1つ1つをお客様に感じてもらえるほど、あなたのお店はお客様にとって「価値あるお店」になるんです。

 

 

五感刺激型ベーカリー店の取り組み提案

 

長年お仕事をする中で、大切だと実感してきた「人間の五感」。

たくさんのお客様店舗で、実践と検証を繰り返し、

「五感刺激」を取り入れることで、店舗の集客・売上アップに繋がることを確信しました。

蓄積したノウハウを、どのパン店でも取り入れられるように体系化したのが、

今回の「五感刺激型ベーカリー店の取り組み提案」です。

 

五感刺激を取り入れることで得られるお店の効果

・継続的にお客様が集まる

・地元のお客様と繋がりが持てる

・スタッフさんのモチベーションが高くなり、活力が高まる

 

とはいうものの、「実際にどんなことを、どんなふうにやればいいのか。」

そう思われる方のために、藤岡がパン業界で28年。

経験し、体系化したノウハウを学んでいただける「パン屋さんのための繁盛塾」を2018年11月からスタートします。
それに先駆けて、9月20日に塾の内容・どんなことが得られるのかを知っていただけるセミナーを開催します。

あなたのお店を「繁盛店」に!

ぜひ、ご参加ください。

パン屋さん応援コンサルタント 藤岡千穂子