あなたのお店は「10時間パンを出してませんか?」

 

 

あなたのお店の営業時間は 何時から何時までですか?

何時に出勤していますか? 

 

従来型のお店では、朝7時から夜19時までというお店が多いですよね。

7時にパンを並べようと思うと、

生地をこねて、発酵、分割、成形、発酵…焼きあげる

その4時間前の朝3時には出勤

 

だいたい10時くらいまでに 1日で販売するほとんど(約90%)のパンを焼ききります。

 

従来型の10時間パンを出すパン屋さん

 

  ここでちょっと考えてみてください。

  例えば7時に焼きあがったパンを、夕方のピークタイムに買うとしたら・・・?

  お客様が買う時点ですでに10時間が経過していることになりますよね。

  焼き立てとは ほど遠い「鮮度が悪くなったパン」=「10時間パン」を出しているお店は

  残念ながら お客様にどんどん選ばれなくなってしまいます。

 

 

 

\じゃぁ、どうしたらいいの???/

 

 

 

はい(*^^*) ちょっとした変更をするだけで、

鮮度も保てて とっても効率アップできる時間やりくり術があるんです♪

 

鮮度を保つ時間やりくり術

  朝から買いに来るお客様はそんなに多くないですよね?

  だから、開店時間は9時か10時に変更。

  そうすることで出勤時間も5時か6時でよくなり、

  スタッフの労働時間の改善にも大きく役立ちます。

 

  朝から焼き始めたパンが丁度たくさん焼ける頃に、最初のピークタイムがやってきます。

  お客様は焼き立てに近いパンを買って、ランチタイムに食べることができる。

  とても効率がよくなります。

 

 

  9時か10時に焼きあがったパンが夕方のピークタイムを迎えたとしても

  焼きあがってからの時間は従来よりも かなり短縮できます。

  こうして ある程度の鮮度を保ちながら閉店時間がやってきます。

 

 

 

藤岡千穂子

今までずっとしてきた方法だから、

当たり前だと思って繰り返している時間。

 

ちょっと使い方を変えるだけで、とっても楽になります。

 

余力があるパン屋さんは、夕方のピークタイムに「焼きたてパン」を焼き、さらに集客力をアップされているお店もありますね♪

 

パン屋さんの大きな魅力の一つは「焼きたて」。

だからこそ、その期待に応えるための工夫はお客様に伝わり、来店の理由へとつながっていきます。

 

営業時間、あなたのお店でも ちょっと見直してみませんか?

そして、少しでも鮮度のよいパンでお客様のこころを掴んでください。